西興部村コミュニケーションネットワーク(NCN)概要

設置の経過

西興部村写真
西興部村の人口は平成24年5月末現在で、1,151人、世帯数666戸で、北海道の北東部、北見山脈の北東域に位置し、上川郡との郡界をなしている。
総面積は、308.08平方キロメートルであるが、村の南北に北見山地が高くそびえ、山林面積が89.1%を占めている。
その山地をぬうように2河川の流域があり、河川沿いの帯状を利用する10集落が形成されている。
森林に囲まれた典型的な山間地帯であることから、電波事情も悪く、全地域がラジオやテレビの難視聴地域であった。
古くから難視聴解消のためのさまざまな苦労がなされてきたわけで、昭和45年に設置された農事放送施設の支持柱を利用し、村内7つのテレビ組合が、NHKテレビの西興部中継所を開設し、我が村においてようやくテレビの普及が始まり、共同聴視施設の運営が行われてきた。
しかし、一部の地域においては、難視聴状態が解決されず、また、テレビ聴視組合が使用していた支持柱、共同難視施設も老朽化が激しくなり、年々故障が相次いだ。
村民待望の西興部村全域を一つのケーブルで結び、市街地も集落も遠いところも近いところも関係なく、同じ環境でテレビが見られるようにと、農村多元情報システムを導入し、村全体を網羅した西興部村コミュニケーションネットワークの構築を行うこととなった。 

西興部村情報連絡施設(平成元年~平成14年)




情報連絡施設サービス(自主放送を兼ねたテレビ情報システムの開始)

①NHK 民放4局 FM放送2局、衛星放送の受信
②西興部村コミュニケーションネットワーク(自主放送)平成元年4月開局
村内行事、村からのお知らせ番組等の自主放送
緊急音声告知放送による災害時等の緊急連絡(受信機を全戸に配布) 

施設の規模

 1.全体事業量
区分 説明
伝送路設備 幹 線 81,156m
引込線 22,120m
鋼管柱 1,461本
受信点設備 一式(NHK2波、衛星2波、民放4波)
(平成7年度よりWOWOW)
(平成10年度より衛星1局)追加
本部設備 放送施設、調整設備
受信機設備
・緊急放送
・ラジオ放送
PCM発信機
親局(1局)役場
子局(2局)農協、消防支署
孫局(3局)中学校1校、小学校2校
個別受信機  548台(ラジオFM2波)


2.全体事業費(補助事業名:第3期山村振興農林漁業対策事業)
総事業費 国庫補助金 過疎債 分担金 一般財源
263,009 103,123 139,700 8,680 11,506


3.加入戸数(平成13年3月31日現在 PCM登録台数による)
加入者 戸数 備考
個人 538戸 特養50戸、精薄50戸除く
村公共施設 25戸  
事業所 18戸  
合計 581戸  
(平成13年3月31日現在 村総世帯数 638戸)


問い合せ先・担当窓口

マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)

最終更新日:2015年04月21日

発信元: マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)