西興部村コミュニケーションネットワーク(NCN)概要-3

村インターネットブロードバンドサービス化及び村ケーブルテレビの地上デジタル化への歩み

平成21年度「地域情報通信基盤整備推進交付金」申請に向けて

 平成14年に共用を開始したマルチメディアサービスも10年以上が経過し、通信技術の急速な進歩及びインターネットサービスの普及と高速化、また地上テレビ放送のデジタル化に向けた対応など、ITを取り巻くマルチメディアサービスについて時代変化に対応を迫られていた。
 折しも、総務省では交付金事業「地域情報通信基盤整備推進交付金」による全国的なブロードバンドゼロ地域の解消を目的に推進を行っていたこともあり、村ではインターネット環境の超高速化と地上デジタル対応の実現に向け交付の有効活用に向け進んだ。

1.事業概要

ブロードバンドゼロ地域の解消が目的の総務省の交付金事業「地域情報通信基盤整備推進交付金」
○超高速インターネットの整備(NTTフレッツ光網構築)
○村ケーブルテレビのデジタル化対策(地上デジタル放送対策)
総事業費276,000千円(申請時)
平成22年4月6日 着工~翌年1月21日 完成


2.事業実績

  • 交付決定 ・・・平成22年2月26日 
  • 工事契約 ・・・平成22年4月5日 
  • 地デジ放送 ・・・平成22年11月25日 村ケーブルテレビ地上デジタル放送試験放送開始
  • 設計変更 ・・・平成23年1月17日
  • 工事完了 ・・・平成23年1月21日
  • NTT東日本フレッツ光サービス開始 ・・・平成23年1月25日
  • 村イントラネット改修工事 ・・・ネットワーク環境の「光フレッツ」化 

    第1回工事・・・3月11日、第2回工事・・・3月14日(体験農園コテージ無線LAN化、ホテル森夢全室無線LAN化)

3.費用の総額及びその内訳

■地域情報通信基盤整備推進交付金補助対象(単位:千円)
名称 機能概要 事業費
ブロードバンド施設(NTT東日本ブロードバンドサービス・フレッツ光ネクスト)
 光成端架  光ケーブル成端収納架 5,384 
 線路設備 光ケーブル追加16km 56,879 
 局舎施設 NTTブロードバンド機器収納局舎施設  19,708 
 小計   81,971
 CATV施設
 受信アンテナ 地デジ用(NHK,民放)受信設備構築(するばち山) 12,045 
 ヘッドエンド装置 地上波6波デジタル対応、自主放送マルチ放送対応 30,475 
スタジオ施設  
議会中継システム  議会中系システムのデジタル化改修  11,418 
 スタジオシステム 収録カメラのHD対応及びスタジオシステムの改修  496 
 編集システム 自主放送編集システムのHD対応及びテープレス化対応  9,157 
 アーカイブシステム 作成自主放送コンテンツの管理システム(BDによる媒体)  2,217 
データ放送システム 自主放送CHでのデータ放送システム 5,444
番組送出システム 自主放送番組送出のデータ化 5,960
放送監視システム 自主放送番組監視モニターのHD化及びシステム改修 3,274
 送受信施設  VODリクエストHD化及びデータ放送化によるサーバ改修 89,174 
 小計   169,660
 総合計   251,631 

■費用負担(単位:円)
区分  事業名  金額  補助率 
 国庫補助金  補助・交付金  83,877、000  33.3%
  公共投資 114,826、500 45.6%
 地方債    52,920、000  21.0%
 一般財源    7,950  
 合計    251,631,450  





4.光ブロードバンド加入促進事業補助金

 平成23年1月25日よりサービス開始となった「フレッツ光」サービスについては、村は継続利用の利用者に対しブロードバンドサービスの活用促進を図り、もって高度情報化の推進に資することを目的に利用料金の一部の補助を行う事を目的に「光ブロードバンド加入促進事業補助金」を5年間継続して実施する。
 補助金申請受付は、年3回(7月利用分、11月利用分、翌年2月利用分)実施し申請に当たっては、申請書とNTTからの請求書及び領収を証する書類の添付が必須。補助金額は支払料金から旧専用高速ネット料2、000円と普通電話料1,207円を除いた額を支払うこととしている。

問い合せ先・担当窓口

マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)

最終更新日:2014年09月26日

発信元: マルチメディア館 IT夢 (企画総務課)