現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 役場担当部署一覧
  3. 企画総務課
  4. 平成24年度村政執行方針

平成24年度村政執行方針

平成24年度の予算等を審議する第1回村議会定例会が3月12日から3月13日までの日程で開催され、その席上高畑村長は新年度に向けた村政執行方針を述べ、主要な施策を明らかにしました。

はじめに

村政執行方針を述べる高畑村長
私が村民の皆様のご支援、ご支持を頂き、三度び村政を担当させて頂いてから1年が経過いたしました。この間、村政の執行にあたり、絶大なるご指導、ご支援を頂きましたことにつきまして、心より厚くお礼申し上げます。
 今年度は、一昨年から村民の皆さんにご参加を頂き、策定してまいりました第4期総合計画の基本構想に基づき、村民が安心して元気で暮らせる村づくりに、全力を投じてまいりたいと考えております。
 村行財政を取り巻く環境が厳しさを増しておりますが、私が村政をお預かりする際にお約束しました「小さくても輝く村づくり」の実現を村政の基本理念として、今後も次の4つの重点目標を堅持して努力してまいりたいと考えております。
 その1つは、本村に住み続けて頂くために「定住人口の確保」。
 2つ目は、安心して住むために「福祉の充実」。
 3つ目は、 訪ねてもらうために「交流人口の増大」。
 そして4つ目に村民の声を聞きながら「共に歩む村づくり」であります。
この4つの重点目標実現のため、限られた財源を重点的かつ効率的に配分し、村民の福祉につながる施策を優先させて予算編成したところでありますので、皆様のさらなるご協力をお願いするところであります。

【村の基本方向】

  本村の基幹産業である酪農にあっては、雨天が多く高温多湿等の影響から、粗飼料の収穫量が平年比の94%に止まり、経産牛についても一昨年の猛暑の影響が抜けきれず、分娩期の遅れが見受けられています。そんな中、個々の経営努力やTMRの効果などにより、生乳生産量は前年比1.4%の増と堅調な伸びになっております。
 また、建設業においては、公共事業をはじめとする全国的な事業量の減少に伴い、依然として厳しい経営状況が続いております。
一方、住民生活においては、引き続き高齢者福祉を始め、障害者自立への就労対策、道路・住宅、更には地上デジタル放送や、高速インターネット対策を実施し、その成果が表れてきているところでございます。
 また、東日本大震災により、防災体制の充実した安心安全な村づくりが求められています。
 しかし、それでも本村の人口は、微減を続けていることから、更なる定住人口の確保と高齢者福祉の充実、村の活性化のために、福祉法人にしおこっぺ福祉会が実施する特別養護老人ホームの増床と、関連する人材確保対策に引き続き支援するほか、延長保育や学童保育の開始による、子育て支援と就労対策などを積極的に取り組むこととしたところであります。

 

美しく快適で安全なむら

 村づくりのテーマである「美しい村づくり条例」に基づく建物の色彩統一や、廃屋の解体撤去などへの助成については、引き続き実施してまいります。
 また、町内会や各関係団体、さらに北海道開発局、網走建設管理部とも連携・協働して、我が村は美しく事業や全村一斉清掃などを引き続き実施するとともに、自然を大切にしながら、花いっぱいの景観づくりを推進し、村に暮らす人、訪れる人が共に心が癒される「美しい村づくり」に努めてまいります。 
 住宅環境整備については、平成13年度に造成しました、現在の七重地区におきましては、残りの区画数が1区画となったことから、国道向いに、新たな団地造成に着手し、定住化対策を進めてまいります。
 また、上興部地区に世帯向け公営住宅1棟2戸の新築工事を実施するほか、公営住宅及び村営住宅の維持補修費や持家建設促進のための奨励補助金、街灯維持費補助金についても、昨年に引き続き必要な予算を計上したところでございます。
 道路整備については、西興部1条通り改良舗装工事のほか、上興部仲道路改良舗装工事、上藻13号・17号道路改良舗装工事、西小道路改良舗装工事、などを実施することとしております。 なお、道道の上藻8号の布袋橋及び上藻12号付近の事業採択について、引き続き関係機関に要請してまいります。
 さらに、道路維持でありますが、舗装補修や草刈りをはじめ、小径木除去、村道横断管改修工事、路面排水溝設置工事を実施するほか、冬期間の除排雪業務などの迅速な対応に努めてまいります。 
 安全、安心なむらづくりについては、東日本大震災の教訓から、避難所である、西興部村生活改善センター・上興部住民センター及び対策本部である役場庁舎の耐震診断を実施するとともに、福祉避難所「緑里」を含め、非常電源用の発電機を設置し、災害時における停電にも対応できるよう備えてまいります。
 また、西・上両市街地区を3カ年に分けて防災訓練を実施し、防災体制の充実と村民の防災意識を高めると共に、老朽化した西興部第1分団の小型動力ポンプの更新をすることとしています
 村民皆様が一丸となって続けております、交通事故死ゼロ記録は現在も全道一位を継続しておりますが、平成26年3月31日達成の新目標7,000日に向けて、一層の交通安全運動に努めてまいります。
 交通手段の確保については、引き続き村営バスの運行や、上興部の通院・入浴及び児童生徒などの送迎を実施するとともに、西興部バス待合所の汚水管改修工事を実施します。また、旧名寄本線代替バスの運行負担金についても、必要額を計上したところであります。
情報通信事業については、これまで整備されたシステムを有効に活用し、引き続き行政情報や地域情報の迅速な提供に努めるほか、昨年利用開始された、民間による光ブロードバンドサービスについては、引き続き補助制度を実施してまいります。

ともに支えあい安心して暮らせるむら

 少子高齢化が一層進む中で、高齢者や障害者に対する支援、子育てへの支援、健康づくり対策など、村民皆さんがこの村で安心して生活していくためには、保健・医療及び福祉の充実が不可欠であります。
 このため、保健・医療については、疾病の早期発見や、早期治療を目的とする住民検診、及び保健師による健康相談を引き続き実施するとともに、検診結果に基づき、疾患に対する理解を深めるための健康指導にも努めるほか、村民皆さんが生活習慣病への関心を持ち、自らの健康状態を自覚し健康増進に取り組む事ができるよう、「ヘルスアップ教室」や通年実施している「ウォーキング事業」も引き続き実施するとともに、新たに村民がホテル森夢で入浴する場合、料金が半額になる「元気回復入浴事業」を実施し、入浴を含めた健康の増進を図ってまいります。
 また、インフルエンザにかかると細菌性肺炎になりやすいことから、引き続き65歳以上の高齢者に対し、肺炎球菌ワクチン接種費用全額を公費負担するほか、新たに65歳未満の住民に対しても、村厚生診療所においてインフルエンザワクチン接種する場合、その費用の一部を助成し、負担の軽減を図ってまいります。
 そのほか、細菌性髄膜炎の予防のため0歳から4歳の乳幼児を対象にヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン接種事業及び、中学1年生から高校3年生までを対象に子宮頸がん予防ワクチン接種についても全額公費負担してまいります。
 さらに、ITによる高齢者見守り緊急通報システムにより、引き続き高齢者等の安心・安全に努めるほか、緊急時に重要な医療情報をコンパクトに収納し、患者の救急情報を医療従事者に伝えるための「命のバトン事業」についても引き続き実施してまいります。
 また、国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険事業の各特別会計に対して、一般会計から応分の負担をするための繰出しを行います。
介護保険事業においては、村社会福祉協議会がディサービス事業とホームヘルプ事業と併せて実施しており、在宅サービスが一元化され利便性を図っております。
 これらの事業に対しては、高齢者の元気な生活を維持するため、ディサービス及びホームヘルパーについて実質的に料金を無料とする「在宅元気生活支援事業」を引き続き実施します。また、65歳以上の高齢者に支給する「生き生き高齢者奨励金事業」は、3年毎の見直しにより保険料が増額となりますが、負担を軽減するよう引き続き実施するとともに、高齢者への通院費助成や福祉入浴、除雪サービス事業、敬老会執行経費や社会福祉協議会、高齢者事業団の活動に対しても例年同様に支援するなど、老人福祉についても充実を図ってまいります。
 そのほか、社会福祉法人・にしおこっぺ福祉会が今年9月サービス開始を目指している特別養護老人ホーム「興楽園」の20床増床・増築工事等に対して、必要な支援をすることとしております。
 障害者福祉については、障害者自立支援法の施行によって従来は行政が決定する「措置制度」から利用者の自己決定を尊重した「支援制度」に変わったことにより、自立支援給付と地域生活支援事業による支援となりましたが、これら制度に対する村の所要額を計上したところです。
 また、新たに人工透析のための通院費の助成制度を設け、患者の負担軽減を図ってまいります。
 児童、母子福祉については、つくし保育所の保育時間の延長に取り組むと共に嘱託医による健康診断を実施してまいります。
 さらには、来年度からの1歳児保育実施に向け、その体制づくりの検討を進めると共に、必要な改修工事を実施し施設の充実を図ってまいります。
 中学3年生の義務教育終了まで、医療費の全額を助成する、「子供医療費無料化事業」や、妊婦が検診費用の心配をせずに、必要な回数を14回まで無料で検診を受けられる「妊婦検診」を引き続き公費負担してまいります。
 さらに、大幅に制度を拡大した「エンゼル祝金」についても、引き続き実施しながら、出生及び子育てを支援することとしております。

活力と交流のむら

 酪農の振興対策については、国が交渉参加方針を表明したTPP(環太平洋パートナーシップ協定)は本村農業にも非常に大きな問題ではありますが、現段階では農業所得の確保が図られ、農業者の経営・生産意欲の向上につながる制度として、中山間地域等直接支払交付金事業をはじめ、酪農ヘルパー運営事業への助成、各種制度資金の利子補給などについても引き続き実施するほか、平成19年度から実施しております、オホーツクはまなす農業協同組合が本村と紋別市、滝上町の3市町村との連携により、道営草地整備事業で実施している、広域乳牛哺育・育成センター建設についても必要な支援をするとともに、札滑牧場の草地整備や隔障物整備工事を道営草地整備事業により実施するほか、家畜伝染性疾病の問題についても、村家畜自衛防疫組合や、関係機関との連携のもと、引き続き生産者による日頃の適切な飼育管理が行えるよう、啓発活動を行ってまいります。
 また、年々増加しているエゾシカ被害を防止するため、昨年設立しました猟友会、農業者など関係団体にて構成された「西興部村鳥獣被害防止対策協議会」による一斉駆除、残滓処理、電気柵・進入防止ネット設置などの活動に対する支援をすることとしています。
 また、地球規模での環境問題が重視される中、森林資源が有する多面的な機能が十分発揮されるよう、適切な森林整備を推進することが必要であると考えております。
 これにより、民有林については、植林や除間伐事業による森林所有者の負担軽減を図るために、村独自の「民有林造林事業推進奨励事業」や、「森林整備地域活動支援交付金事業」についても引き続き実施してまいります。
 村有林については、林道の必要な維持管理を行うほか、森林整備計画に基づき除伐や下刈り事業など適切な保育管理に努めてまいります。
 さらに、林道改良事業や、間伐事業等の促進に不可欠な作業道の整備をするため、「森林整備加速化・林業再生事業」を活用し、七重地区路線の調査設計を実施してまいります。
 自然を生かした観光交流の促進については、村内「夢」施設の連携を深めるとともに、「じゃらんネット」による情報発信の開始や、観光パンフレットを作成しPRに努めるほか、ホテル「森夢(リム)」については、厳しい経営環境ではありますが、浴室ホール床の改修などの必要な維持管理に努めながら、経営改善に向け努力を図ってまいります。
 道の駅・フラワーパークについては、愛好者向けの雑誌「ガーデンアイランド」への掲載をするなど情報発信しながら、計画的な整備を実施し、入園者の増大に向け努力してまいります。
 商工業の振興については、商工業者や中小企業の運営資金支援のための政策預託を引き続き行うほか、商工会の経営改善事業への助成についても必要な支援を行ってまいります。
 また、村内において経済活動の創出を促進するため、起業家支援対策として昨年に引き続き起業を目指す方や異業種事業を始める事業者について、300万円上限で支援することとしております。

みんなで創るむら

 第4期総合計画では、平成20年度からスタートしています、村民自ら考え、自ら行動する自主的なまちづくり活動に対し助成している「西興部村元気なむらづくり応援事業助成制度」に加えて、「人づくり研修事業」を創設し、自主的な地域づくり活動や地域内コミュニティ連携強化につながる研修活動に助成し、地域の活性化と自治意識の高揚をさらに図ってまいります。
 また、人口の減少や少子高齢化の影響により、地域活動の担い手不足が課題になっていることから、総務省の施策である「地域おこし協力隊制度」を活用して、都市から人材を採用し、活力維持と魅力の再発見など、新たな展開を期待し、さらには定住定着に結びつく取組を進めてまいります。
 平成21年4月1日より「地方公共団体財政健全化法」が全面的に施行され、一般会計のみならず、特別会計や第三セクターの状況についても、収支、経営状況、資産及び将来負担の実態も含め適切に把握し、財政状況を的確に分析した上で健全化に取り組まなければならないこととなっています。
 このため、監査委員の審査に付した上で、「財政健全化指標」を議会に報告し、公表しているところであります。
 これらを通して国、地方自治体の厳しい財政状況の中で、常に村が置かれている状況を村民の皆様方に積極的にお知らせし、理解をいただきながら、持続可能な財政の確立とともに、広報活動や地域づくり懇談会、駐在員会議などを通じて、住民の声を聞きながら政策づくりに努力してまいります。
 このため、職員一人ひとりが目的意識を持った自己研修や職場内研修などを推進するとともに、行政と村民が共通の認識に立ち、住民の目線に立ったスピード感のある仕事を行うことが、協働のむらづくりには必要不可欠であり、村民からの要望があれば、村職員を派遣するなどして、各種事業や制度などについて説明してまいります。
 次に、行政間の広域連携の取り組みでありますが、ごみ処理対策につきましては、現在緊急的な対応として、雄武町に受け入れて頂いておりますが、西紋5市町村で組織する西紋別地区環境衛生組合が、紋別市に建設を進めております一般廃棄物処理施設が、来年1月の供用開始予定でございます。
 村民の皆様には、引き続き徹底したごみの分別をお願いするものでございます。
 また、名寄市、士別市を中心市とする定住自立圏の形成でありますが、昨年9月に協定書を締結し、本年4月から2次救急医療体制やバス路線の維持・確保の他、イベント情報の提供、名寄市立大学との連携、図書館の相互利用、職員研修会の開催などを連携し、安心して暮らせる定住自立圏の形成を図ってまいります。

最終更新日:2012年04月16日

発信元: 企画総務課